キャンプ用品の小物【厳選47選】無いと困るキャンプギアの小物|忘れた小物ギア|失くした小道具たち

キャンプギア

キャンプに行く前に、あるいは行った時に、こんな経験ありませんか?

  • 「あれ!?・・・〇〇買うの忘れた!」
  • 「あれ!?〇〇持つの忘れた!」
  • 「あれ?〇〇どこいった?」
  • 「あれ?持ってきたはずなのに・・・!?」
  • 「失くしてしまった!?」

隙間に入れていたはずが無い!ついつい忘れがちな

そんな経験したくありませんよね・・・(;・∀・)

これが無いと困ると言うキャンプの小物ギアをご紹介します。

キャンプに行く前の準備は、必須です。

初めてキャンプに行く準備をする方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

キャリーワゴンやバック・コンテナの隙間にこっそり忍ばせておけば、いざと言う時に困らないグッズをご紹介します。

予備も含めて余分に持っておきましょう。ギアの収納のお話もまとめておきましたよ。

是非、おしゃれにスッキリ『魅せる収納』こちらの記事も合わせてご覧ください。

また、ランタンを忘れたら大変不便で危険、忘れないためにも、是非収納について検討しましょう。

そんな収納方法についてもヒントがあれば幸いです。

ランタンアクセサリーの記事も書きましたので合わせてご覧ください。

  1. キャンプに無いと困る小物ギアをチェック
  2. テントまわりで忘れがちな【小物ギア13選】
    1. テントもタープ設営の必需品【ガイロープ・パラコード】
      1. パラコード(ガイロープ)の選び方
    2. ロープワークにはこれが必要!無いと困る連結部品【カラビナ】
    3. 【ペグ】これを忘れるとテントもタープも固定できない・・・
      1. ペグの選び方
        1. 鍛造(たんぞう)ペグ
        2. 鋳造(ちゅうぞう)ペグ
      2. おすすめのチタンペグ
      3. おすすめのスチールペグ
    4. 意外と忘れがち、色々使える【ペグハンマー】
    5. 自由なタープアレンジといざと言う時のサブポールの選び方
  3. 忘れたり失くしたりするテントまわりの小物ギアはまとめて収納【小物ギア収納3選】
  4. キャンプを快適に忘れたら泣きを見る夜道を照らす【小物ギア13選】
    1. 真っ暗の夜を歩くにも、災害時も役に立つ【懐中電灯】
    2. 予備に一つは持っておきたい小型【LEDランタン】
      1. Goal Zero(ゴールゼロ)
      2. Ledlenser(レッドレンザー)
      3. 乾電池ではなく充電式電池エネループは必ず持っておこう
        1. エネループお得な電池と充電器のセット
        2. エネループ単体 単3/単4
        3. エネループ充電器
  5. キャンプ場の荷物置き場やリビングスペースの敷物・【マルチシート3選】
  6. 焚き火周りでつい失くしがちな【小物ギア9選】
    1. ファイヤースターターセット
    2. 小型ノコギリはフォールディング(折り畳み)の【TANOSHIBI(愉し火)】
  7. 吊るせる・隙間を埋める【シェラカップ・カトラリー6選】

キャンプに無いと困る小物ギアをチェック

まずは、キャンプに無いと困る小物をチェック、リストアップします。

  • テントまわり(ガイロープ・パラコード・自在金具・カラビナ・ハンマー・ポール)
  • 灯かり(懐中電灯・LEDランタン・電池)
  • 敷物・マルチシート
  • 焚き火周り(ハサミ・ナイフ・ノコギリ・ファイヤースターター・ライター・マッチ)
  • 食器類(カトラリー・カップ・調味料)

これらの小物で選び方とおすすめ、

また予備としても、忘れないための収納も含めてご紹介します。

テントまわりで忘れがちな【小物ギア13選】

  • ガイロープ(パラコード・自在金具)
  • カラビナ
  • ペグ
  • ハンマー
  • ポール

テントもタープ設営の必需品【ガイロープ・パラコード】

ガイロープやパラコードはテント・タープ設営には欠かせません。

パラコードはそれ以外にも、物を固定する時やファスナーのリングに通したり、

斧やナイフのグリップに巻いたりなど、アクセサリーにもなりますよ。

ちょっとした事に使えるので多めに持っておきたい。

いざという時、必ずないと困る存在です。

設営・撤収時になくすことも多いので余分に持っておきたいところですね。

パラコード(ガイロープ)の選び方

ガイロープとは、自在金具が付いたパラコードでテントやタープを設置する為のロープです。

パラコードを選ぶポイント

  • 自在金具付き
  • 反射材入りの派手なカラー

また、パラコードは反射材が入っている物を選ぶことです。

テント・タープ設営に使用するパラコードは、

光を当てた時に反射して設置物の存在を知らせてくれる目印になる物を持ちましょう。

反射材が入っていないと、夜間にトイレへ行く際などにつまずき、

せっかく設営したテント・タープを破壊、事故やケガのもとです。

もし、他人が自分のロープにつまずいたりしたら大変ですよ

カラーは豊富ですが、反射材入りで自在金具の付いたガイロープを選びましょう。

買っても忘れがちな自在金具も予備で持っておくと安心です。

パラコードは、必要な長さで切って使えるので予備で持っていると助かります。

キャンプの暇な時間にグリップや色々な小物に巻き付けてアクセサリーにすると愛着が湧いてきますよ。

ロープワークにはこれが必要!無いと困る連結部品【カラビナ】

テント・タープ設営時にパラコード使っていて

「あ!短い」もうちょっと長かったら・・・

って、こんな経験しないためにもカラビナはいくつか持っておきましょう。

収納時にはカラビナでカラビナをまとめて決まった場所に引っかけておけば邪魔にならずに

道具のアクセにもなるし色々吊るせます。

いざという時困りません。

100均ものは素材がアルミなどで弱く、使い物にならなくなります。

重量に耐え切れず曲がっていつの間にか落として無くなっていたりします。

なんて事にならないようにカラビナはちゃんとした強度を確保したいですね。

そのために大きさの違う物を3つ4つx数個は用意しましょう。

カラビナがあると、色々助かります。

登山でも使われるマウンテンダックスなどおすすめですよ。

帆布バッグ・登山用品のオクトス
¥1,100 (2022/09/23 15:32時点 | 楽天市場調べ)

短いロープと連結するならS字カラビナも持っておきましょう。

【ペグ】これを忘れるとテントもタープも固定できない・・・

忘れると大変、でも忘れがちなペグ

アルミ・プラスチックを選んじゃ駄目!

軽いけど、とにかく曲がるし、折れるし、つぶれるし、使えないですよw

テントやタープを設置したロープに足を引っかけたり、

ペグを誤って踏んだりする事は注意していてもよくあると思います。

足を引っかけた際は、ペグが抜けたり折れたりします。

最悪、設営したテント・タープが倒壊、

あるいは倒壊したものが風で煽られての二次災害や、

更には倒壊したものが焚き火に被さったりしたら二次災害、三次災害

考えただけでも恐ろしい事態が起きてしまいます。

そうならない為にもペグはしっかり打ち込める強度を持つものを選びましょう。

ペグの選び方

ペグの選び方はズバリ!

ペグの形状は、ソリッドステーク
素材は、硬い地面でも刺さるスチールかチタンがおすすめ!

チタンのメリットは、軽量で頑丈、錆びにくい

デメリットは、少し値段が高い

スチールのメリットは、とにかく頑丈でお手頃価格

デメリットは、重くて錆びやすい

スチールは鍛造・鋳造があり、鍛造をおすすめします。

鍛造(たんぞう)ペグ

鍛造とは、熱した金属個体を金型に入れ金槌やプレス機で叩き圧縮成型したものです。

強度があり品質を保ちやすいのが特徴です。

鋳造(ちゅうぞう)ペグ

鋳造とは、熱で溶かして液状の金属を型に流し入れ冷却成型したものです。

形を自由に作れますが、強度は鍛造よりも劣ります。

おすすめのチタンペグ

チタンペグは、軽量でスチールと同等の強度を持ちます。

ギアに付属しているペグは、チタンペグに変えてしまうことをお勧めします。

おすすめのスチールペグ

意外と忘れがち、色々使える【ペグハンマー】

ハンマーを忘れたら石でも代用できますが、キャンプ場によっては意外と石なんて落ちてません。

ハンマーはなんでも良いと思っているとペグを傷つけたり、折れ曲がったりします。

撤収時もペグ抜きなしでペグを抜くのは結構大変です。

ペグハンマーならペグ抜きも付いているので撤収時も時短になります。

アルペン楽天市場店
¥7,040 (2022/08/21 14:07時点 | 楽天市場調べ)

自由なタープアレンジといざと言う時のサブポールの選び方

サブポールがあれば、タープの設営も自由自在です。

選び方は、アルミ合金製または、アルマイト加工されたアルミポールを選びましょう。

持ち運びを考えるなら、伸縮ポールもおすすめです。

忘れたり失くしたりするテントまわりの小物ギアはまとめて収納【小物ギア収納3選】

マルチギア収納バッグ
¥1,100 (2022/09/18 13:41時点 | 楽天市場調べ)

キャンプを快適に忘れたら泣きを見る夜道を照らす【小物ギア13選】

キャンプ場の夜は真っ暗!

廻りのテントに明かりがあってもこちらまでは届きませんよ。

トイレに行きたくても、足元を照らす明かりが必ず必要なんです。

足元が暗い中で外を歩くと思わぬ危険が襲ってきます。

他人のタープを張っているロープに足を引っかけたり、ペグを踏んでつまづき、折ってしまったりと

他人のロープにつまずいて倒壊を招いたり・・・焚き火があったら大変です(;・∀・)

キャンプ場の夜は、転んでケガするだけで済まないし、2次災害の危険が常に伴います。

そんな事にならないように最低1つは用意しておきましょう。

また、ランタンを忘れたら大変不便で危険、忘れないためにも、是非収納について検討しましょう。

そんな収納方法についてもヒントがあれば幸いです。

収納の記事とランタンアクセサリーの記事も書きましたので合わせてご覧ください。

真っ暗の夜を歩くにも、災害時も役に立つ【懐中電灯】

手回しの懐中電灯は、ちょっとした灯かりが欲しい時や

災害でも持っていれば命が救われることもあります。

実際に私もこれを持っていて、震災時に数日停電で助かった経験があります。

手回しプラスソーラー充電でカラビナフック付きなので邪魔にならないし

バックに引っかけて出して置けば勝手に充電されるので、これは、おすすめです。

予備に一つは持っておきたい小型【LEDランタン】

懐中電灯としても、テントの室内ランタンとしても

複数個でタープ下を照らすにも

LEDランタンは、サブランタンとして邪魔になりません。

むしろ持っていて損はありません。

おすすめは、フック付きの小型ランタンをおすすめします。

Goal Zero(ゴールゼロ)

出典:Goal Zero

最近のキャンプブームで、圧倒的人気となり売り切れが続出していたゴールゼロ

どこのショップにも在庫が無い状態が長く続いていた小型LEDランタンの代表です。

おしゃれでこだわりキャンパーの大好物です。

その人気に押され、アンバーグローブやブルーグローブ、ランタンシェードなどの

おしゃれなパーツを作るガレージブランドなども出現

おしゃれにカスタマイズする人が続出してさらに人気に火が付きました。

USB充電式で小型ながらも最大150ルーメンの高出力で連続点灯時間が7~170時間

2つの点灯モードの切り替えと輝度調節が可能な小型LEDランタンです。

キャンプの為に持っておけば防災にも一役かうのは間違いなし

Ledlenser(レッドレンザー)

出典:Ledlenser

ゴールゼロが人気過ぎて在庫切れが続出、定価で買えなくなったゴールゼロにとって代わり、

突如、その穴を埋めてトップに躍り出たのがレッドレンザーです。

ガレージブランドもレッドレンザーをおしゃれに彩るパーツを作り更に人気に

人気でも価格が変わらずに買えるレッドレンザーは、

キャンパーの間でも、ゴール派、レッド派に分かれて人気を二分してまう程の人気っぷりです。

人気の理由はもう一つ、

専用電池と専用ケーブルで充電します。

充電がなくなっても市販のアルカリ単3乾電池で使用することも可能という点です。

スイッチで4つのモードを切り替え

光束(lm)ブースト:300 / パワー:150 / ミドル:50 / ロー:5
点灯時間(h)ブースト:- / パワー:2.5 / ミドル:8 / ロー:45

乾電池使用時は300ルーメンのブーストモードは使用不可

手のひらサイズの小型でキャンプの為に持っておけば、いざと言う時に乾電池が使用できるので防災にも安心

アルペン楽天市場店
¥4,950 (2022/08/23 11:36時点 | 楽天市場調べ)
あきばお〜楽天市場支店
¥3,629 (2022/08/23 11:43時点 | 楽天市場調べ)
Liberty Base Products
¥1,900 (2022/08/23 11:43時点 | 楽天市場調べ)

乾電池ではなく充電式電池エネループは必ず持っておこう

電池は持ってないと色々不便です。

ラジオや充電式じゃないLEDランタン、スマホの充電などなど

電池を持つなら使い捨て乾電池ではなく、持つならエコにサステナブルにエネループですね。

自然放電も少なく十年後でも残容量70%も残り、繰り返し使えるエネループならエコで経済的です。

およそ2100回も充電できるから捨てる必要はありません。

使い捨て電池を何年も買い置きしていても、自然放電するので使えません。

キャンプ以外でも普段から災害の時も困らないようにエネループを使えるようにしておくことは必須です。

単3・単4電池は予備で用意しておきましょう。

エネループお得な電池と充電器のセット
エネループ単体 単3/単4
ヤマダ電機 楽天市場店
¥1,078 (2022/08/13 11:17時点 | 楽天市場調べ)
ヤマダ電機 楽天市場店
¥1,290 (2022/08/13 11:16時点 | 楽天市場調べ)
エネループ充電器

キャンプ場の荷物置き場やリビングスペースの敷物・【マルチシート3選】

キャンプ場へ付いて一番最初にすることは、荷物置き場の確保です。

荷物は地面に直置きしたくない時に敷物を広げますよね。

敷物(マットやシート)は、キャンプギアの小物の一つに数えられます。

キャンプ場やテントやタープの設置場所によっては、

テント下がゴツゴツ石だらけだったり、少し濡れていたりとコンディションがそれぞれ違います。

グランドシートを忘れても、他の敷物で色々代用することができます。

一時的に荷物を広げたい時、テント前室やリビングスペースに敷いて地面に荷物を直置きしたくない時などにも役立ちます。

敷物を使わなくても、焚き火の炎を強い風から守る陣幕を作ったり

テントとタープの隙間を埋める風防や目隠しと多目的に利用可能なマルチシートをおすすめします。

焚き火周りでつい失くしがちな【小物ギア9選】

焚き火で薪を切ったり割ったり、ナイフと斧を使いますよね。

キャンプから帰りふと気づくと「ノコギリ」や「ファイヤースターター」、

「火吹き棒」など、何かを置き忘れて帰ってきます。

私だけか?

次のキャンプにそのまま行っていざ使おうとするときに無いと本当に困ります。

こんな時の為に、バックの隙間や吊るして忍ばせておける小物ギアセットがあると便利です。

ファイヤースターターセット

ファイヤースターターはセットがお得です。

バックの隙間に入れたり、外に吊るしたり一式セットになっていれば予備としても安心です。

小型ノコギリはフォールディング(折り畳み)の【TANOSHIBI(愉し火)】

TANOSHIBI(愉し火)シリーズは、焚き火鋸として売られ爆発的にヒットしたようです。

コンパクトの折り畳み(フォールディング)構造のノコギリで

メイン鋸としても十分取り回しの良い刃渡り180mmと

カバンの隙間に忍ばせておける125mmの2サイズが展開されています。

TANOSHIBI(愉し火)シリーズは、他にも軽量ハンドアッキス切り出しナイフなど

キャンパーのサブギア要望への隙間的な需要に刺さり、ヒットを飛ばしています。

セキチュー楽天市場店
¥1,780 (2022/08/13 13:11時点 | 楽天市場調べ)
セキチュー楽天市場店
¥822 (2022/08/13 13:12時点 | 楽天市場調べ)
セキチュー楽天市場店
¥1,870 (2022/08/13 13:36時点 | 楽天市場調べ)
DIY FACTORY ONLINE SHOP
¥2,490 (2022/08/13 13:37時点 | 楽天市場調べ)

吊るせる・隙間を埋める【シェラカップ・カトラリー6選】

荷物が多くなるキャンプは吊るしたり引っかけたり、折りたたんで隙間に入れておける食器でコンパクトにまとめたいですね。

コーヒーカップやマグカップを忘れてしまったら、

シェラカップで代用するなどキャンプでは

その時の状況に応じてトラブルも楽しみに変えて楽しむのが醍醐味です。

できるだけ隙間を埋められるギアを選ぶように心がけると荷物をコンパクトに収納できます。

ナチュラム 楽天市場支店
¥937 (2022/08/13 14:04時点 | 楽天市場調べ)
ナチュラム 楽天市場支店
¥1,300 (2022/08/13 14:06時点 | 楽天市場調べ)

D CAMP styleはブログ村に参加しています、もし記事が参考になりましたら応援クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプギア
フォローする
D CAMP style
タイトルとURLをコピーしました