【脱毛・除毛・抑毛】毛の処理方法について解説|もう痛くない?自宅でできる肌を傷めない脱毛法|痛む部位と度合いを解説

ヘアケア

医療脱毛でも、セルフ脱毛でも脱毛は、「痛たそう!」ですよね・・・

これを読めば、痛い脱毛法とおさらばできます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 毛が濃いからやりたいけど、医療脱毛は料金高いし耐えられないほど痛い!って聞くし不安
  • 永久脱毛でワキガを直したいけど、勇気がでない、他の方法ないかな?

このようなお悩みがあれば、ちょっとこの記事を見てから考えませんか?

脱毛時に感じる痛みは、脱毛方法とそのやり方によります。

また、部位毎で脱毛の痛みは全く違います。

この記事では、以下のことが分かります。

  • 脱毛方法ごとの痛み度合い
  • 部位ごとの痛み
  • 自分に合った脱毛法

この記事を読んで頂ければ、

どんな脱毛が自分に合っているかきっと見つかり

高い医療脱毛をしなくても、こんなことで良かったのか(*’▽’)」

と思えるはずですよ。

結果として、

無駄な出費をしなくても、安価で簡単な脱毛方法が見つかるはずです。

是非、目次で飛びながら最後までご覧ください!

脱毛で痛みを感じる部分

まずは、脱毛で痛みを感じる部分について解説します。

脱毛した時の痛みの感じ方は、肌質・毛質によって人それぞれ違います。

特に個人差の強い部分なので、特徴として抑えて下さい。

ここでは、痛みの感じやすい部分と特徴を説明します。

脱毛で痛みを感じやすい部分

脱毛において痛みを感じやすい部分は、肌が柔く毛が太く濃い部分です。

特にワキやVIOゾーンなど太くて濃いムダ毛が多い部分です。

女性と男性でも違いがありますが、

スネ毛や太もも手足の指でも人によっては、

毛の太さや量が違いで痛みを感じる強さが違います。

男性ではヒゲの中でも上口髭が特に痛いと言われています。

脱毛で痛みを感じにくい部分

痛みを感じにくい部分は感じやすい部分とは逆に

毛が薄く短い部分(産毛など)となります。

特に肌の白い方は殆ど痛みがない方もいる一方で脱毛効果も薄いのが特徴です。

☝TOPへ戻る


脱毛が痛い理由と脱毛法の痛み度合い

どうして脱毛は痛いの?

脱毛法には以下の4種類存在します。

他には、ガムテープ脱毛なんてのもw

以上の様に脱毛方法には様々あります。

どの方法を用いても人によっては痛みを生じるも脱毛法です。

脱毛という行為が毛根を痛める行為なので、

毛根の細胞にダメージを与えていたり、

肌を引っ張り毛根を引き剥がすなどの刺激から感じる痛みとなります。

脱毛法ごとに説明しますね!

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛とは、針を毛根に刺して電流を流し毛母細胞を破壊する脱毛法

痛み度合い:★★★★★

電気針を毛根(毛母細胞)に針を刺して細胞を破壊します。

考えただけで痛そう!・・・

毛根に針を刺す痛み、電流を流して細胞を破壊する際もかなりの激痛を伴うため、

現在、この方法で施術するお店は少ないそうです。

毛の量や太さ・硬さに応じて痛みも増しその痛みに耐え続けなくてはなりません。

レーザー脱毛で取り切れなかった毛根を破壊します。

ニードル脱毛は、主に医療脱毛で使われ

ニードル脱毛が永久脱毛ができる唯一の方法と言われています。

☝脱毛法選択に戻る

光・レーザー脱毛とは

光・レーザー脱毛とは、光やレーザーを当て照射熱で毛根にダメージを与える脱毛法

痛み度合い:★★

光脱毛・レーザー脱毛と呼ばれますが、

毛根に照射した熱によって毛根の毛母細胞にダメージを与える

光やレーザーで毛を生えにくくする方法です。

照射して毛根を攻撃する際に毛根を一瞬焼く事で「パチッ」という音が鳴ることがあります。

その際に皮膚にも熱が伝わるり各神経線維を刺激し、

痛覚に伝わった刺激が痛みとして感じるようになっています。

痛みは一瞬で徐々に収まりますが、

敏感肌の方は施術後も数時間は続くこともあるそうです。

光脱毛とレーザー脱毛の違いと特徴

  光脱毛はライトによる照射熱で行う脱毛法で主にサロンで使用されます。

  レーザー脱毛は光脱毛より威力が強いため、医療機関で行われる脱毛法です。

  どちらも毛根に照射熱でダメージを与え毛を生えにくくする効果があると言われています。

  特に照射熱は黒色に反応する事が特徴です。

光脱毛(光美顔器)は、こちらの記事も参考にして下さい。

☝脱毛法選択に戻る

ワックス脱毛とは

ワックス脱毛とは、一定範囲にワックスを塗り時間を置いて剥がす脱毛法

痛み度合い:★★★

粘土を調整したワックスを脱毛したい部分に塗り専用ペーパーを張り、

毛の生え方とは逆向きに一気に剥がす脱毛法です。

これだけで痛そうですね・・・

毛の生える方向に逆らって一気に引き抜くので、

肌と毛根が引っ張られる事で痛みを感じます。

ペーパーを剥がす一瞬ですが、光脱毛やレーザー脱毛よりも少し痛みが強いようです。

ガムテープを張って剥がしたことがあれば分かると思いますが、痛みは一瞬です。

☝脱毛法選択に戻る

クリーム脱毛とは

クリーム脱毛とは、一定範囲にクリームを塗り時間を置いて洗い流す脱毛法 

痛み度合い:☆

除毛クリームの有効成分を毛穴に浸透させ、毛と一緒に洗い流します。

※ここでは、クリーム脱毛と書きましたが、除毛クリームと言います。

これならあまり痛くない?

毛は何度も生えて来るため、回数が必要ですが、

除毛クリームの有効成分が毛を細くする効果を持ため

徐々に目立たない毛になるというものです。

除毛クリームは、

脱毛したい部分にクリームを塗り時間を置いて水またはお湯で奇麗に洗い流す為、

痛みは殆どありません。

ただし、人によっては脱毛後、お肌がヒリヒリするなどの痛みがあるようです。

こちらの記事で除毛クリームについてまとめました。

興味がありましたら是非に参考して見て下さい。

☝脱毛法選択に戻る

☝TOPへ戻る


☝TOPへ戻る

脱毛・除毛・抑毛に関する関連記事

光脱毛器(光美顔器)関連記事
除毛クリーム関連記事
抑毛に関する関連記事

☝TOPへ戻る


美容に関する記事もあります。

もし興味があれば、こちらの記事も参考に合わせてご覧ください。


Dウェブログはブログ村に参加しています、もし記事が参考になりましたら応援クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヘアケア
フォローする
Dウェブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました